■ 釣 果 新章 52 ■ 


今回、新章 第五十弐章は、2010年 本格始動 の釣行記になります!
お待たせしました・・・  が、マイ2馬力ボート「美瑛丸」じゃなくて、松山の遊漁船です!


話のいきさつをカンタンにまとめると・・・
1 香川県の「さっしーさん」  さっしーさんブログ ←こちらのブログね)  が
  「松山に釣りにくる」という話を、ブログでアップされてるのを発見!
           (たま〜に、海釣り派もカキコしてます〜)


2 その松山で釣る時の遊漁船が、「ニライカナイ」さんという名で、その船長さんは「大林船長」
  「大林船長さん」←友→「さっしーさん」 こんな仲。。  ?(殴!) ・・・ご友人でございます(流血)
  船長とは、海釣り派も某掲示板で2、3年前に知り合ったので
   「大林船長」←知り合い→「海釣り派」←知り合い→「さっしーさん」 こんな仲だったりします


3 じゃ、キック(私)も行きます! ってことで、あいさつ&釣行のため、現地合流しました!!


4 釣行は楽しみですが、、、、今回はジギングなのです!
  海釣り派では、ハーロックがちょこっと経験、キックは、ほぼ未経験者であります!
  なお、キックの手には、おニューの「ジギングロッド」と「ジギングリール」が光ります!!
        >>> 今回用ではなくて、今年用にちょこっと前に買ったもの、、、
        >>> まさか初陣が遊漁船とは思いませんでした・・・


5 そんな不安と期待の中、、、巨大ブリ を狙いに、いざ、出航です!!!


  巨大ブリ♪   巨大ブリ♪   巨大ブリ♪  






 四国発!海釣り派!!
新章 第五十三章 「この胸の苦しみが愛おしいほどに生きて」   H22.03.14  中潮
◆愛媛県 伝説の聖地 「ニライカナイ」 (松山市沖)




キック=レイナート  ゲスト さっしーさん含め4人+大林船長さん

TOTAL:
サバ27cm(更新) ←メタルジグ歴 記念すべき「3匹目!」


◆釣行記◆
決戦日朝、出航場所までもう少し、、、ってトコで「迷子」?

  あ゛〜ッ、港そこやのに入り口が分からん(焦)
  -----→ ウロウロしたあげく、その辺に人にティーチミーってことで

なんとか、ギリギリすべり込むような「ドタバタ感」で、現地到着・・・
この時から、何かしら「ヤバイ予感」がしてましたが
前日、特に前々日は、 爆 釣 とのこと!

   現地到着時、さっしーさんが「動画」で動いてました!はじめまして!

出船前に、前日に家庭用プリンタで印刷した「貧相な名刺」を配り、同船者の方にもごあいさつ


   毎回のことですが、顔バレした後に、この釣行記を書いてるのが自分と思われるのは
   
「皆様の想像以上に恥ずぃ」 と、感じます、、、
   乗船された皆様、「アイツ」が、このアホなホームページの管理人です(爆死)


    良い天気♪

満潮は、朝9時ごろ やはりその前後が勝負のようで

ポイント到着後、船中で「ヤズ君」が、ポツリポツリ釣れてる?みたいです

              

マイロッドにシャクリをかけてみますが???

シャクリは予想に反して、スロー系らしく 「疲れる&筋肉痛の死ぬイメージ」はないのですが
逆を言えば、魚の喰う気が????

船長、さっしーさん、皆さんが丁寧に教えてくれ、、、少しずつ技は増えてくのですが

   ポク

     ポク

       ポク

          チーン


    まったく、、、、ガッツリ喰いやがれデス!!

このチャンスに喰わせ損ねたのは、私とお隣のケンケンさん(同船者で初チャレンジ仲間)
最後まで苦労しましたね。。。。。。。


昼からは干潮、、、、、、、 経験上厳しいのは察しがつきます
ついでに日が陰って、風は吹き 寒さアップ・・・・

              


         
             






最後のポイントへ向けて激走!!! この激走中の風とスプレーが、、、寒、さぶぃ

              

      毎度のパクリネタ 、、、今回は
         「この胸の苦しみが愛おしいほどに生きて」 から

          くじけそうになった時は 震える心で考えるの
          もっとずっと頑張っている あなたが居ることを
          大きな困難に立ち向う あなたの闘いを知ってから
          強さを備えた生きる姿が 私をえぐって放さない

               私はまだまだ 頑張れる -----

          弱音はく場合じゃないよ 噛み締めて生きなきゃ
          この胸の苦しみが愛おしいほどに生きて ----- 生きて 生きて


最後のポイントへ到着  お!
  青物の群れのようです!!!!

                  「サバ ゲット」

              

サバさんの群れでした・・・・・
ということで終〜了〜

▼▼▼ 釣果の撮影会の様子です ▼▼▼
   色々な所に連絡をとってみると、この激シブの中、ウチは結構獲れた方らしいです

   各自釣れたのを持って〜

                撮影!!

  撮影者を撮影している人を撮影!

                オツカレっした!

キックも釣果をアピールしたかったんですが、そこんとこ申し訳ないです、船長・・・
そのうち当日様子もアップされるとは思いますが、キックは写ってないですよ(恥) サバのみなので
p.s.
「実力」「人柄」 両方持ってる、
↓「ニライカナイ」↓さん オススメします!!!

遊漁船ニライカナイ(詳細情報)
     http://www.e-namihei.com/detail/niraikanai/

遊漁船ニライカナイの釣果ブログ
     http://blog.livedoor.jp/yugyosen_niraikanai/


◆脱力系やすらぎメモ◆
そんな大林船長とは、2年前(3年前?)に、タイラバを始めて少し経ったくらいの「初心者同士」
某掲示板にて出会ったわけですが、、、、

再会 ---------- 釣行の後、タイラバについて話し込む我々二人の姿は、、、、、
     紛うことなき「鯛ラバ師」であった・・・・

  異様にマニアックな話の内容から、大林さんの過酷で、濃密な日々を容易に察することが出来ました。。。。
  キックも釣行時に自作試作機を
  実験→仕事中(殴!)新たなアイディアを考え→釣具店に何度も通い→試作完成→実験釣行
  こんなことを繰り返しましたが、それが「普通に話せる」んです(驚)

     思えば 「何で釣れるか分からない」「どうやったら釣れるんだ」と、試行錯誤していた時期が
     実は、一番熱く、楽しかった時期かもしれません --------

今回釣れなかったことで、あの頃の熱い気持ちを思い出すことが出来ました。。。



  ----------------- おかげでまた、博打がブチたくなったぜ!!!!
  

 

四国発!海釣り派!   ← TOPへ 戻ります ←前の章へ戻る 次の章へ進む→

Copyright (C) 2006 kick_rainart All Rights Reserved.