■ 釣 果 新章 25 ■ 

 四国発!海釣り派!!
新章 第二十五章 「すべての始まりにして終わりなるもの」   H20.11.01
◆◆香川県 瀬戸大橋の近く(ポイント明記出来ないので^^)



キック=レイナート  ゲスト  ゲスト

TOTAL:全20ぐらい 
すべてイイダコ(初!) 本命マダイ、、、バラシ1 ラインブレイク1 つまりゼロ

◆釣行記◆

先日、鯛ラバに熱中するキック宛に、「一通の招待状」が届く・・・
鯛ラバについて極秘に研究を重ねる研究所、その所在地は香川県!!
キックの鯛ラバに対する熱意を認めていただき、共に同行することを許可されたのであった。

ついに、愛媛県を飛び出し、真の「四国発!海釣り派」になる時が来たのだ!!!

そして11/1、決戦の地 香川県にてキックがやらかした●●とは!?
その日の様子を、所長さんのレポートをお借りし(白文字が原文の釣行レポート)
それに色付き文字で追記していきたいと思います。ではスタート!!

---------------------------------------------------------------------------------------

皆さんお疲れ様でした(^o^)  >>おつかれさまでした〜

愛媛(私)・岡山・香川の3選手合同での鯛ラバ大会でしたが
濁りがとにかく酷いのでビックリ、瀬戸大橋近辺を一通り回りましたが
アタリが出ませんでした >>一匹だけアタリ、30cm以下の真鯛をリリースしてあげましたよね(笑)

三崎(香川県の三崎ね!)でも今日は濁りがあるとの会長報告もあり
どうしようか迷いましたが、遠くからこられているので観光を兼ねて  ※ 瀬・戸・大・橋
橋周辺のポイント回りしつつ濁りの比較的少ない所を探して橋から西へ移動していきました
  >>下から橋を見上げるのは何年ぶりだろうか、ひそかに感動!!

ある調査強化ポイントでアタリ頻発30〜40を3枚GET
更に海釣り派さん大物掛けるも途中バラシ・・・惜しい!!
  >>スレか掛かりが浅かったかも?感覚で50cmちょうどぐらい。2、3回首振ったら外れた(泣)
  ここで揚げてたら、この後の雰囲気も和んだであろうに・・


お土産

  >>その時の2枚を、お土産にいただきました!!美味でした〜!!

これならと本命ポイントへ移動するも濁り無しで期待は爆発!(^^)!
しかし、全く反応なし、次に最近のアツイポイントへ移動し海釣り派さんに
またもや大型がヒット!!これは50〜60期待で盛り上がる  >>推定60cm前後〜上かと
藤丸さんはタモ、俺はカメラを構えて残りわずかという時にラインブレイク(;_;) 
なんと高切れしてしまったのです(泣) >>瞬間「バチッ」と「重さが皆無」から、はっきり「切れた」と自覚

   >>"釣ってもらいたい"のご厚意をヒシヒシと感じる中の、無想陰殺のバラシ!!
   >>ちょっと焦ったかな・・・魚が見えてもおかしくない距離だったし、、、
   >>その後一言「も、申し訳ないです。。」 泣いてよいでしょうか?
今にして思えば
   >>タックルの限界も分かり、
もしこの時気付かずに今後更に大きなサイズが来たら・・・
   >>
今この時のラインブレイクは天啓。そう思えるこの失敗をきっかけに
   >>数段レベルアップ出来そうです。
(話のネタに、お1つ持っておいてください。)

  
>>>でも、新品の鯛ラバだったのでダメージ大。「貴公の忠節はまだ、終わっていないはず!!!!」



イイダコ未経験との事なので、海釣り派さんのデルソル(前回購入のロッド)にもイイダコの洗礼(?_?)をと
初イイダコで爆釣、藤丸さんは釣り竿を釣り、私は蛸壺ロープを釣りました(^_^;)

   >>最初は鯛ラバ以上に釣れる原理が分からず、
目が点(・_・)なんでやねん!?
   >>1匹釣れると
「お、おもしろ〜!!」 チビダコのくせに意外に重さがあるし「ヤバイはまる・・」
   >>しかしイイダコは、、、、
引かぬ、  媚びぬ、  省みぬ!!
               
(重いだけ、吸盤くっ付いたらとれん、すぐ脱走する!)
>>その後、「船が動いてタコが乗りにくい」とのコメントを聞き、タコが乗るまで間を取るため
>>スプールフリーで待機、乗ったか怪しかったらスプールを指で押さえ竿先で重さ確認
>>乗ってたらスプールを押えたまま竿を立てつつ巻き巻き開始、、みたいなこともしてました。



上陸後、りょうさんと合流しフジムラで食事しジャンプへ移動、ネクタイ用シリコンゴムを
各自購入、その後所長宅で鯛ラバ談議に花が咲きました(笑)

   >>楽しさのあまり、遅くまでお邪魔してしまいました。<(。_。)> モウシワケナイです。
   >>しかし貴重な話ばかりでした・・・ 
その1つ1つが、我が身に奥義を刻んでいきました。
   >>りょうさんには
「魂のオーロラエクスキューション」も頂きました。ありがとうございました。

釣果こそ今ひとつでしたが、楽しい釣りと有意義なミーティングになったと思います。
ありがとうございました。

   >>また1つ悲しみを背負うことが出来た気がします。改めて、ありがとうございました〜

          さらば香川

   俺もまた愛媛に、強敵(トモ)の元へ帰ろう・・・
           
我 が 釣 行 に 、 一 片 の 悔 い 無 し!!!!!!!


 

四国発!海釣り派!   ← TOPへ 戻ります ←前の章へ戻る 次の章へ進む→

Copyright (C) 2006 kick_rainart All Rights Reserved.